医師の開業・独立について|株式会社リアルコンテンツジャパン|医療法人設立などの医療・介護分野の専門家

COLUMN コラム

医師の開業・独立について


医者は医師免許を取った後も研修医として2年間勤務しながら、新しい医療を学ばなければなりません。さらに開業医を目指すなら医療についての勉強だけでなく、経営についても理解しなければなりません。しかし、開業した場合は理想の医療サービスを患者様に提供できます。また、勤務医に比べると社会的信用も向上し、労働時間も比較的自由になり、収入面での大幅なアップも期待できます。
さらにNPO法人や一般社団法人など医療法人にした場合、個人経営よりもさらに医療設備を充実させることができます。また、金融機関からの信用も向上するため資金繰りもラクになります。さらに、節税や相続面など様々なメリットが期待できます。
開業・独立によるメリット・デメリット医療法人化についての詳細などをご紹介いたします。