病院経営は赤字が多い?

医者と言えば、稼げるイメージを持っている人も多いはずです。

しかし、よく調べてみると経営で赤字を出している病院というのは非常に多いです。

赤字経営となっているのは、全体の3割から4割とも言われているため、これから開業医として活動をしていこうと考えている人にとって、赤字は時分には関係ない問題ではありません。

開業医として自分の病院を開いていこうと考えているならば、なぜ赤字経営になってしまうのか原因を知ってそうならないようにしていかなければなりません。

まずは、病院で働くスタッフが短期間で変わっていると、それが患者に伝わりますしスタッフ間での連携も上手く取ることができません。

また、人材の教育などが上手く出来ていないと患者へ悪い印象を与えて患者離れにもつながり、それが赤字に繋がるというケースもあります。

人材の問題だけで全ての病院が赤字になっているわけではありませんが、病院経営に大きな影響を与え、時には赤字を引き起こす原因になってしまうことを理解しておきましょう。

赤字にならないための対策は?

では、これから開業医として自分の病院を持つ人は、赤字を出さないためにも対策を採っていく必要があります。

まず、開業医の赤字経営対策として挙げられるのが、節税対策などをしっかりと行い固定費を出来るだけ抑える努力をする点です。

節税対策には、税金の専門家である税理士などの力を借りることも大切です。

それに加えて、患者に来院してもらうための対策も採っていきましょう。

経営がいい方向に進んでからはスタッフを増やしたり、新しくて質の高い設備などを導入することも大切です。

これから開業医に転身する方は、赤字経営を引き起こさないようにご紹介した内容を参考に努力していきましょう。

しっかりした設備と十分な人材の確保をすることで、患者にも適切な治療を提供することができ、それが集患にも繋がっていきます。