リスクに備えて保険に加入しよう


公益財団における医療法人を設立し運営する上で、リスクは必ずあります。
そのため、医療法人を設立する際は、リスクに備えて保険に加入することが大切です。
順調に問題なく運営することができている公益財団の医療法人もありますが、いつ問題が発生するかはわかりません。
病院や診療所などで働くスタッフも預かる立場であるため、どのようなリスクが発生する可能性があるのかなど、リスクに備える保険の種類について知っておきましょう。
中にはすでに、事故や病気に備えて生命保険や入院保険に加入している人もいるはずです。
しかし、万が一のことが公益財団の医療法人を設立した後に発生してしまった場合、生命保険や入院保険だけで不十分である可能性があります。
リスクを回避するためにも、保険についてしっかりと知識を身につけておくことが大切です。




経済的リスクと医療訴訟リスク



医療法人が抱えるリスクの一つに、経済的リスクがあります。
医療法人の設立や運営に必要な資金を金融機関などから借りていた場合に、契約者が病気や事故で仕事ができなくなると、収入のないまま返済しなければなりません。
入院中しか補償してくれない保険では対応することができないでしょう。
このようなリスクに備えるために、損害保険会社の休業補償保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか。
自宅で療養する期間も含めて休業期間となり、一定の保険金が支給されます。
また、医療訴訟のリスクへの備えも重要です。
医療訴訟は誰でも避けたい大きなリスクです。
実際に、マスコミによる報道やインターネットの普及により、医療情報が入手しやすくなっているため、医療訴訟は増加傾向にあります。
万が一の損害賠償請求に備えて、医師賠償責任保険にも加入しておくことが大切です。
この保険は加入した本人だけでなく、スタッフの医療事故にも対応することができます。
他にも、病院や診療所などの施設を守る火災保険や地震保険の加入も検討が必要でしょう。
また、スタッフを守る保険にも様々な種類があるため、どの保険に加入すると医療法人を守ることができるのかを考え、慎重に検討してください。