医療法人の設立までのスケジュール


公益財団における医療法人の設立を、検討している人もいるのではないでしょうか。
医療法人の設立には、準備をしなければなりません。
準備には時間がかかるため、スケジュールを立てて余裕を持って、設立の準備を進めていきましょう。
スケジュールを立てても、必ずその通りに進むわけではありませんが、ポイントをおさえておく必要があります。
公益財団における医療法人の設立は、最低でも1年半前からのスケジュールを立ててください。
設立1年半前から1年前までに、設立する地域の選定と資金調達を行います。
この期間が準備の中でも山場です。
資金計画の予算内で設立する地域を検討し、候補が見つかれば金融機関と交渉ができるように整えておかなければなりません。
地域の選定と資金調達は、漠然とした考えでは失敗してしまいます。
公益財団における医療法人の設立を成功させるために、この2つの準備は慎重に行ってください。




余裕を持って準備しよう



設立1年前から半年までに行うことは、医療法人の建物の建築設計、内装デザイン、施工です。
設立半年前からは、医療機器や什器の選定、設置を行いましょう。
電子カルテの導入を検討している場合は、できるだけ早い段階で選定しなければなりません。
電子カルテは、数あるメーカーから選ばなければならず、操作の習得にもある程度時間がかかるからです。
操作の習得が遅れると、設立当初から診療に支障が出るかもしれません。
余裕を持って、設備の選定、導入をしてください。
これらの段取りがついたら、設立半年前ほどから広告などのPR作成、人材の採用と研修を行っていきます。
特に、広告は医療法人の設立に欠かせません。
人材の採用、研修も医療法人の質を左右するため重要な準備です。
このように設立時期を考えながら、どのような準備をいつやるべきか具体的にイメージする必要があります。
また、申請にも時間がかかります。
申請から設立まで短くても半年はかかるため、設立時期が送れないように申請書の作成もミスがないように注意しましょう。
公益財団における医療法人の設立をスムーズに行いたい人は、専門家に相談することをおすすめします。