開業医の形態の変化

現在でも、産婦人科などであれば開業医でも24時間体制なのが一般的ですが他の開業医ではどうでしょう?24時間いつでも患者を受け入れますよというような昔ながらの病院というのはだいぶ少なくなっています。

映画などのワンシーンで夜間に急患が訪れてドアを叩くなんていうのを見たことがあるかもしれません。

それは、昔は自宅で開業するという医師も多く居たためです。

ですが、最近では自宅で開業する開業医というのもかなり少なくなりました。

確かに、自宅開業医となると夜間に急患が訪れるという可能性もあるわけですが、その分強みやほかの病院との差別化も可能となるのが魅力だと言えるでしょう。

患者を集めるには、他の病院とは違った強みや差別化というのが非常に重要になります。

では、自宅で開業するということはどのような強みを持ち差別化が出来るのかご紹介します。

自宅開業医の利点

まず、医師側から見ると通勤をする必要がない分移動時間や交通費の節約ができるのも利点ですし、自宅の家賃も経費として落とすことができます。

また、患者側から見ると自宅で開業しているのであれば夜間でも診療してもらうことができるかもしれないと考え、頼って患者が訪れるかもしれません。

これは、夜間診療を行っていない病院と比べると差別化にもなりますし強みにもなります。

また、人とのコミュニケーションが煩わしいなんて人も、自宅で開業するのであればコミュニケーションを最小限に抑えることができ人間関係で発生するストレスを減らすことができるかもしれません。

また、患者としっかりコミュニケーションを取りたいなんて人も自宅で開業すれば自分のペースで、自分の好きなスタイルで診療することができるので、患者とのコミュニケーションもしっかりとれ、それが他の病院との差別化・強みにつながっていくでしょう。

開業を考えている医師は、これらのメリットを理解しながら自宅で開業するか否か決めてみてはいかがでしょうか。