矯正歯科の開業準備でのポイント

矯正歯科を開業する前にはいろんな準備が必要。その一つがスタッフの確保です。

矯正歯科は矯正を中心に行っている歯科ですから、その矯正に必要なスタッフを確保しなければなりません。矯正に必要な道具を作ってくれる歯科技工士など、専門資格を持つ人材が必要不可欠です。

 

さらに、矯正歯科に必要な道具の準備も怠ってはいけません。普通の歯科医院では使わないような道具も、矯正歯科では必要となることがあります。開業の準備段階では、普通の歯科に必要な道具とともに、矯正で使うさまざま器具を準備しなければならないのです。そのため歯科医院に比べると、矯正歯科は開業資金が多くかかります。

開業の資金について

矯正歯科を開業する場合、どの程度の資金を準備しなければならないのでしょうか?また、どの程度の資金がかかってくるか、あらかじめ理解しておきましょう。

 

開業資金には、設備投資にかかるお金と運転資金があります。医院の内装や外装、医療機器等の設備にかかる費用は3000万円以上と言われています。ただし最近は、矯正歯科でもエステサロンのようにきれいで清潔感あふれるところが登場してきました。そのような優雅な病院にするのであればもっと費用は掛かってくるでしょう。グレードの高い医療機器を導入したいという場合も、やはり費用は多く必要になってきます。

 

開業時には、HPが大きな力を発揮してくれるでしょう。近年、HPを検索して病院を探す人が増えてきています。また、HPではいろいろな情報を詳細に記載できるので、病院を大いに盛り上げてくれるツールなのです。このHPを用意する場合、開業前に制作費用も必要になることを頭に中に入れておいてください。

 

さらに開業後、すぐに患者さんが押し寄せることはほとんどないでしょう。また診療報酬は、診療後にすぐ入るものではありません。経営が軌道に乗るまでには数か月単位でかかると言われています。それまでの運転資金を十分に準備できれいれば、資金面で不安が少ないでしょう。