公益財団法人の設立前に知っておくべき点とは

公益性の高い事業を展開している場合、メリットを得るためにも公益財団法人を設立することがあります。
一般財団法人と比較すると様々な部分で恩恵が受けられますが、設立する前に把握しておくべきポイントもたくさんあります。
一般財団法人は登記による手続きだけで設立できますが、公益財団法人の場合は公益認定を受けない限り名乗ることができません。
公益認定に関しては、公益認定基準というものが設定されており、その基準をクリアするための準備作業が重要なポイントとなります。
公益団体のため、利益目的ではなく、公益目的の事業を行わなければならなく、公益目的費用比率と言った数字上でも公益基準をクリアしているかなどが求められます。
そのため必要に応じて専門家に確認しておくことも大切なポイントでしょう。
公益財団法人は税制優遇制度が用意されている点も魅力で、結果的に支払うべき税金を抑えることにもつながります。
特に寄附を受けることが多い際には恩恵が期待できます。

公益財団法人に関するポイントについて

公益財団法人は一般的な財団法人やその他の組織とは異なった特徴を持っています。
上記したポイントだけではなくその他にも、押さえておきたい部分が多数あります。
「公益」と名がつくとおり、利益を追い求めすぎることはNGで、公益的な活動を行うことが求められています。
役員報酬などが不当に高額にならないよう、支給基準を定めるなどの透明性のある運営をしなくてはならない点であったり、一般財団法人と違い公益性を強く求められる代わりに、寄付に関する恩恵を受けたりすることができる点が公益財団法人に関するポイントでもあります。
通常の組織以上の公益性を有しているというポイントを把握して、審査に向けて準備をすることが重要です。
公益財団を設立する前段階には、信頼できて実績のある専門家を見つけることもポイントになるでしょう。