開業医の成功例として挙げられるビジネスモデル、経営戦略は2つある

今やあちこちの地域にお医者さんが求められていますが、開業医でも成功している人とそうでない人がいるのが現状です。

やみくもに診療所やクリニックを構えるというのではなく、成功のためにはきちんと経営戦略を考えてから成功へと導くことが必要です。

現在、開業医の成功例として挙げられる代表的な経営戦略、ビジネスモデルが2つあります。

一つは「親身な関係での医院経営」、もう一つは「高級な品質での医院経営」です。

もちろん、多額の設備を投資して他では受けられないような検査を実施するといった成功例もあるかもしれませんが、そのための開業資金などもより必要になりますので、あまり現実的ではありません。

少ない費用で成功できるビジネスモデル、経営戦略を考えることで、成功へと導くのです。

地域密着型、親身な関係での医院経営は、コミュニケーションが得意でリーダーシップのある開業医が向いています。

地域住民の生活水準や近隣の医院の立地などをリサーチして、地域に求められる医院を開院しましょう。

医師のみならず看護師の教育の仕方も重要です。

親身になって丁寧に採用し、教育することが必要です。

地域のみなさんに「親しみやすい」と思ってもらえるようになることが目標です。

高級な品質での医院経営

技術や実績に自信がある開業医の方が選ぶとよいビジネスモデルであり、もう一つの成功例です。

技術に投資して付加価値を上げることで、高額な自由診療の割合も高めます。

富裕層の住むエリアに開業したり、WEBマーケティングを積極的に行い、開業医自らがインターネットで発信することで、進んだ治療を求めてインターネットで調べて来院する患者さんで業績を伸ばします。

そのためには、インターネット上でのSEO対策などにも力を入れて、最新の情報を発信するとよいでしょう。

いずれにせよ、経営戦略が重要です。