公益財団法人とは

公共財団法人とは、公益法人認定法に基づいて行政庁から認められた財団法人のことです。
公益財団が、一般財団法人と異なる点は、行政庁による公益認定申請によってその公益性の役割を認められていることではないでしょうか。
公益財団として認定されると、税制面で優遇措置を受けることができ、一般財団法人に比べて社会的信用力が優れていると言われています。
さらに、寄付金控除の優遇処置が充実しているのも、一般財団法人とは異なる点ではないでしょうか。
しかし、公益財団の事業として認められるのは、公益性のある23の事業のみです。
例えば、学術や科学技術、文化、芸術などの振興を目的としていることや、障害者、犯罪被害者への支援、高齢者福祉の増進などが挙げられます。
そして、公益財団は、専門的な知識を活かした活動で、社会に貢献することが役割とされているのです。
公益財団は、社会に貢献するという役割があるからこそ、様々な優遇を受けることができます。

公益財団としての役割

公益財団は、公益法人認定法に基づき、行政庁から公益性を認められた財団法人ですが、社会貢献という役割があります。
そのため、公益財団としての役割を果していない場合は、公益法人三法によって運営が是正されます。
さらに、役割を果たさない役員等は、責任追及の対象となることが法律でも定められているのです。
法律に基づいて法人が公益財団を運営していくことができますが、しっかりと役割を果たす必要があるため、設立する際には気をつけましょう。
公益財団としての役割を果たしておらず、認定基準に適合していない場合は認定を取り消しにされる恐れがあります。
その際、直ちに認定取り消しというわけではなく、まずは公益財団に対して是正され、従わない場合は認定取り消しされることになるでしょう。
しかし、必ず公益認定が取り消しになるケースもあります。
それは、公益認定法の欠格事由に該当するに至った場合や、不正の手段によって公益認定を受けている、正当な理由もなく行政庁の命令に従わない場合です。