一定の要件を満たすかどうか

公益財団の設立のためにはまず一定の要件を満たす必要があります。
独自性や差別化ができる事業であるのかが判断されます。
どの事業であってもすでに類似の事業が社会に多数存在しているなかで、公益財団設立にあたっては明確な独自の付加価値やオリジナリティが必要です。
もちろん、その事業を今後安定して継続していけるかどうかも大切になります。
その事業のコンセプトを定め、さらには長期にわたって公益性を提供していける体制を整えないといけません。
誰にでも事業内容を理解してもらえる文章に落とし込むのも大変な作業であり、数年がかりの対応になることが普通です。
自らの事業の内容とその価値を不特定多数の人に理解してもらうのは簡単ではありません。
公益認定申請を目指すにあたっての大きなハードルになる恐れがあるでしょう。


コンサルタント会社に相談するのが重要

公益認定を目指すために、さまざまなルールや不認定になった団体の実例などを把握することが大切です。
制度に関しての正しい知識と理解が乏しいと、まず失敗するといえます。
まず何からすればよいかを分かっていない団体も少なくありません。
これは公益認定を目指すためのスタートラインにも立っていないといえます。
コンサルタント会社に依頼すれば、公益認定制度に関する研修で必要な知識を身に付けることができて、アドバイザーとしてサポートもしてくれます。
公益認定を受けるのは容易ではなく、手間も時間もかかります。
コンサルタント会社に依頼することで費用はかかりますが、公益認定を受けるための大きなプラスになるのは間違いありません。
公益財団の設立を目指すのはどの団体でも可能です。
しかし、現実的といえるまでのレベルにまでしていくのは過酷です。
明確な基準がないからこそ、過去の傾向から判断しないといけない部分も多いです。
したがって、コンサルタント会社のサポートは必要不可欠といえるでしょう。