医師の開業・独立について

医者は医師免許を取った後も研修医として2年間勤務しながら、新しい医療を学ばなければなりません。さらに開業医を目指すなら医療についての勉強だけでなく、経営についても理解しなければなりません。しかし、開業した場合は理想の医療サービスを患者様に提供できます。また、勤務医に比べると社会的信用も向上し、労働時間も比較的自由になり、収入面での大幅なアップも期待できます。
さらにNPO法人や一般社団法人など医療法人にした場合、個人経営よりもさらに医療設備を充実させることができます。また、金融機関からの信用も向上するため資金繰りもラクになります。さらに、節税や相続面など様々なメリットが期待できます。
開業・独立によるメリット・デメリット医療法人化についての詳細などをご紹介いたします。

公益財団の業務執行理事の役割と必要性について

公益財団には様々な役割を持った役員がいます。業務執行理事は代表理事同様に公益財団法人の業務執行の責任者として、適切な財産管理のために必要な注意義務を果たさなければなりません。

続きを読む

公益財団が行政庁によって公益認定を取り消されることはあるのか

公益財団法人を設立するためには、一般財団法人を設立した後、行政庁による公益認定を受ける必要があります。しかし、公益認定後に取り消しになることがあるため注意しなければなりません。

続きを読む

公益法人が合併法人に含まれている場合の支配関係とは

合併法人に公益財団が含まれている場合、法人間で支配関係があるかどうかを判定しなければなりません。その理由は税制上、適格かどうかによって課税の取り扱いが変わってくるからです。

続きを読む

平成31年度、公益財団の税制改正について

公益財団などの公益法人には様々な制度が設けられており、平成31年度税制改正に関する要望を公益法人協会が内閣府に提出しました。税制改正に関する要望は主に8項目あります。

続きを読む

公益財団の消費税免税とはどういう仕組み?

税金の一つである消費税の納税義務は事業者です。公益認定を受けた公益財団も他の事業者と同様に納税義務者となります。しかし、場合によっては消費税免税になることもあります。

続きを読む

公益財団の経理業務とそれを代行するメリットとは

公益財団の経理業務は高度化しており、正確な処理が求められます。さらに、公益財団の経理処理は一般企業の会計とは異なり、特殊な知識が必要になるため代行を依頼してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

公益財団の設立は相続税の対策になるのか?

公益財団法人を設立して、自社株を移すと相続税対策になるといったメリットがあります。公益財団法人に移した財産は自分の所有物ではないため、相続税がかからないというのが理由です。

続きを読む

公益財団による地域医療連携への取り組み

公益財団における地域医療連携の取り組みとは、地域の医療機関が施設の実情や地域の医療状況に応じて、医療の機能分担と専門化を進め、医療機関同士が円滑な連携を図り、有効活用することです。

続きを読む

公益財団による公益認定の審査基準について

公益認定における審査は、これまでの実績で判断されるわけではありません。公益認定の審査基準のポイントについて知っておくと、スムーズに公益財団法人を設立することができるでしょう。

続きを読む

公益財団法人の認定後にすることとは

公益財団法人を設立するためには、一般財団法人から公益認定を受けなければなりません。公益認定後には行政庁に提出しなければならない書類や変更届出や変更認定などの手続きがあります。

続きを読む

公益財団における医療法人と社会医療法人の違いとは

公益財団における社会医療法人とは、公益性の高い医療として第5次医療法で定められた医療法人の一つです。医療法人の中でも社会医療法人は設立するメリットが大きいです。

続きを読む

公益財団における特別医療法人とは

公益財団における特別医療法人の設立を検討している人は、5つの要件をすべてを満たしていなければ設立することができないため、それぞれの要件を確認しておくことが大切です。

続きを読む

公益財団における医療法人の決算期の決め方とは

公益財団における医療法人の設立時には決算期という会計期間を設定しなければなりませんが、決算期をどのように決めるか分からない人もいるのではないでしょうか。決め方のポイントがあります。

続きを読む

公益財団における医療法人の業務範囲とは

公益財団における医療法人を設立するにあたって、業務範囲を知っておく必要があります。業務範囲を知らなければ会計処理をすることができません。医療法人の業務内容を知っておきましょう。

続きを読む

公益財団における医療法人の種類について

公益財団法人における医療法人には社会医療法人と、特定医療法人、この2つに該当しない医療法人の3種類があります。医療法人の知識がなければ、設立することができません。

続きを読む

公益財団における医療法人の理事報酬の注意点とは

公益財団における役員報酬は正当な手続きを踏んだ後、法人税法に則って支給することが非常に大切です。それらを破ってしまうと損金として計上できなくなってしまうこともあります。

続きを読む

公益財団における医療法人の役員報酬の取り扱いについて

公益財団における役員報酬は正当な手続きを踏んだ後、法人税法に則って支給することが非常に大切です。それらを破ってしまうと損金として計上できなくなってしまうこともあります。

続きを読む

公益財団の医療法人監事の業務とは

公益財団として医療法人を運営するためには役員として1名以上監事を設置する必要があります。仕事内容は医療法で厳密に決まっていますので、内容についてしっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

公益財団による医療法人の設立について

将来的に公益認定を受けて公益財団として運営を考えている場合は事前の準備が重要です。設立の段階から承認の基準に沿うことができるような運営体制や機関設置が必要となります。

続きを読む

公益財団における医療法人の選択肢について

公益財団における医療法人の移行する選択肢には様々なものがあります。出資持分のない医療法人の中には、特定医療法人というものが有り、一定の基準を満たすことで承認を得ることができます。

続きを読む

公益財団による医療法人の形態とは

財団法人における医療法人は、一般の医療法人とは違う形態を持って運営する必要が有ります。業務内容や財務面など、根拠となる法が違ってきますので、しっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

公益財団による社会医療法人への移行する場合には

財団法人において、社会医療法人に移行するためには、様々な基準を満たしたうえで、必要な手続きを取ることが必要となりますので、それらについてしっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

公益財団の設立前に知っておくこと

公益財団として法人を運営するためには、一般財団を設立の上、決められた基準と審査をパスする必要があります。設立前に知っておくべき点がいくつかありますので、把握しておきましょう。

続きを読む

公益財団の法人税が非課税になる理由

公益財団は法人税が非課税になるなど、様々なメリットがありますが、代わりに財政面において厳しく審査されます。税制面で優遇されるのには理由がありますので、把握しておきましょう。

続きを読む

公益財団の認定法における不特定多数性とは

公益財団として認められるためには、不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与するという、不特定多数性を持っている必要があります。これには目的における公益性という意味があります。

続きを読む

公益財団認定における公益目的事業のチェックポイントとは

公益財団法人として法人を運営するためには、公益認定を受ける必要があります。そのためには公益目的事業として認められるためのチェックポイントを満たさなければなりません。

続きを読む

公益財団での事業費と管理費の捉え方

医療法人を設立して将来的に公益財団として運営していきたいと考えている医師の方は、事前にしっかりと認定基準を把握しておきましょう。事業費と管理費の捉え方について紹介します。

続きを読む

公益財団の公益認定取り消し時における財産の行方について

公益認定取り消し時の財産の行方について知っておきましょう。公益認定取り消しとなった場合は、類似の事業を行っている公益法人もしくは国へ財産を贈与しなければなりません。

続きを読む

公益財団の認定を受けるメリットとは

医療法人を公益財団法人として運営することで様々なメリットが有ります。公益財団法人として認められるためには、様々な規定がありますので、しっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

公益財団を目指す場合の注意とは

医療法人を設立したいという医師の方の中には、最終的に公益財団として運営したいと考えている方も多いと思います。そのためには一般社団法人として設立する段階からいくつか注意点があります。

続きを読む

公益財団の新公益法人制度における3分の1規定について

医療法人を設立しようと考えている医者の方は、設立における様々な知識をつけておくべきでしょう。公益財団には3分の1規定というものがあり、役員や監事における親族の人数を制限するものです。

続きを読む

公益財団の目的事業の判断基準について

公益財団の目的事業の判断基準は多岐にわたっています。まず、公益に資する活動をしているかが判断され、公益目的事業を行うことを主たる目的とし、収支相償が見込まれることが重視されます。

続きを読む

遺贈を受けた公益財団の相続税の課税について

公益法人が遺贈を受けた場合に税金の優遇措置があるものの、いくつかの諸条件をクリアしないといけません。相続税の課税対象となってしまうこともあるため、注意しないといけません。

続きを読む

公益財団での公益認定取消にならない方法とは

公益財団での公益認定取消にならないためには、立入検査をクリアするのが肝心です。いつ立入検査が行われても問題がないように準備しておくためにコンサルタント会社に依頼するのが確実です。

続きを読む

公益財団の目的事業の立証のポイントとは

公益財団の設立に該当するかは不特定多数の人に事業内容とその価値を理解してもらう必要があります。立証するのは簡単ではないからこそ、コンサルタント会社に依頼する団体が多いです。

続きを読む

公益財団の設立を目指すときにやるべきこと

公益財団の設立のためにはまず一定の要件を満たす必要があります。独自性や差別化ができる事業であるのかが判断されます。もちろん、その事業を今後安定して継続していけるかどうかも大切になります。

続きを読む

公益財団の要件として重要なポイントとは

公益財団の要件として重要になるのは公益目的事業に該当することをいかに多くの人に理解してもらうかです。基準があってその基準をクリアすればよいというわけではないのが難しいところです。

続きを読む

公益財団の認定を受けやすい事業とは

公益財団の認定を受けやすい事業はなく、絶対評価ではなく、相対評価で判断されます。客観的に事業の公益性を論理的に固め、多くの人に事業内容を理解してもらうことが大切です。

続きを読む

公益財団による公益セクターとは

公益財団の公益セクターの概念は、一般の株式会社などとどのように違う点があるのかを比較すると分かりやすくなります。ぜひ、具体的に条件をチェックして比較してみるようにしてみましょう。

続きを読む

海外における公益財団のしくみとは

海外における公益財団の仕組みについては、国ごとに治外法権によるルールの違いや、税制上の違いなど、対応しなければならないことは少なくないため、十分に注意をして続きを進めましょう。

続きを読む

公益財団における新公益法人制度とは

2008年より公益財団は新公益法人制度が導入されました。それに伴い、法的な手続きや準備なども変わっていますので、もし手続きが分からない人は一度、プロに相談してみましょう。

続きを読む

公益財団に寄付した際の特例について

公益財団に寄付した場合には特例の税制上の優遇があります。これらの仕組みは一般の人ですと詳しい内容が分からないことも多いので、プロのコンサルタントに相談しましょう。

続きを読む

公益財団が税額控除を申請するときの流れとは

公益財団法人に寄附をすると、税額控除制度を受けることができます。公益財団法人における税額控除の申請について知っておきましょう。申請に必要な書類や保管方法に決まりがあります。

続きを読む

公益財団の会計に関する諸課題について

公益財団には会計上の課題があるとされています。検討が必要な課題が明確化し、今後も生じる会計上の課題の検討を続け、公益法人の運営の基盤となる会計の改善を図ることが大切です。

続きを読む

公益財団の基礎知識を知ろう

公益財団法人の設立時は、基礎知識を知っておくことが大切です。設立要件や優遇措置、税金などおさえておかなければならない基礎知識があります。専門家などのアドバイスも必要になるでしょう。

続きを読む

公益財団の福利厚生について

働くことの価値や働き方の質が問われる現在では、社員の勤労意欲を高めるために福利厚生は欠かせないものです。福利厚生は株式会社などの一般の企業だけでなく、公益財団法人にも欠かせません。

続きを読む

公益財団の採用基準とは

一般財団法人は普通の株式会社と同様に全ての事業が課税対象です。それに対して公益財団法人は株式会社のように利益を追求しない法人であるため採用基準も一般財団法人と異なる傾向にあります。

続きを読む

公益財団の活動の事例

公益財団法人にも様々な種類があり、活動内容もそれぞれ異なります。公益財団法人の設立を検討している人は、公益財団一覧から、それぞれどのような活動をしているのか確認しておきましょう。

続きを読む

公益財団の運営の流れ

公益財団法人の運営の流れがよくわからない人もいるのではないでしょうか。運営計画や予算は作成し、定款で定めた機関で承認し、事業年度開始の日の前日までに行政庁へ提出します。

続きを読む

公益財団が医療機関を開設する流れ

医療は生命、身体の安全に直接関わる者であるため、民間法人のような営利企業に委ねるのは適当ではないとされており、医療機関は公益財団などの公益法人しか開設することができません。

続きを読む

公益財団の助成金申請の流れ

公益財団の助成金申請は受給するまでにいくつかのステップがあります。助成金申請の流れについて知っておきましょう。助成金の申請方法がわからない場合は、専門家に相談すると安心です。

続きを読む

公益財団の登記事項について

公益財団法人に関する登記事項は法律に基づいて定められています。法人の種類によって登記方法が異なることがあるため、登記方法がわからない場合は専門家に相談し適切に手続きを行いましょう。

続きを読む

公益財団への投資信託について

公益財団法人における価格の変動が激しい投資信託は、原則として適当ではありません。不安定な財産や過大な負担付財産が財産の相当部分で占めないようにすることが大切です。

続きを読む

公益財団の独立ノウハウ

公益財団法人から独立する場合も、一般財団法人から移行しなければなりません。一般財団とは異なり、公益認定の基準をクリアしなければならないため認定されるまでのノウハウが必要です。

続きを読む

公益財団の財産管理運用について

公益財団法人の財産は公益法人の設立許可及び指導監督基準などの運用指針について、指導監督などに関する関係官僚会議幹事会申合せにおいて、適切な財産管理運用を行うよう定められています。

続きを読む

公益財団で起業する前に気をつけるべきこと

起業と聞くと個人事業主や会社などをイメージするでしょう。しかし、公益財団法人などの非営利法人も起業することが可能です。起業前に気をつけなけらばならないことを知っておきましょう。

続きを読む

公益財団と医療法人制度について

公益財団法人における医療法人制度の考え方は国民の信頼の確立や公立病院が担っていた医療を積極的に担うこと、効率的で透明性のある医業経営の実現による地域医療の安定的な提供です。

続きを読む

新たに公益財団へ移行する手続きへの流れ

新たに公益財団法人に移行しようと検討している団体もあるのではないでしょうか。移行手続きについて知っておくと、スムーズに認定を受けることができますが、不認定となる場合もあります。

続きを読む

公益財団が行う共済事業について

公益財団法人となり共済事業を継続する場合、新規の共済契約の引き受けなどには少額短期保険業者や保険会社、生協や事業協同組合などの制度共済へ移行するなどの対応が考えられます。

続きを読む

公益財団と一般財団の違いについて

公益財団法人を設立するにあたって、一般財団法人との違いがよくわからない人もいるのでしょう。公益財団と一般財団の違いは税金です。一般財団法人はみなし寄附金制度が利用できません。

続きを読む

公益財団が提供している福祉サービス

少子高齢化が進む中、福祉のニーズに対応するため、公益性を重視しながら福祉サービスを提供することが大切です。地域から期待される福祉サービスを提供する公益財団法人を設立しましょう。

続きを読む

公益法人の認証までの流れ

公益財団法人の設立は公益性の認証が必要です。一般財団法人のうち、民間有識者からなる第三者委員会による公益性の審査を受け、行政庁から公益認証されると公益財団法人として設立ができます。

続きを読む

公益法人の設立手続きについて

公益財団法人の設立を検討している場合は事前に設立手続きについて知っておくとスムーズです。まずは、一般財団法人として設立し、様々な認定基準を満たした上で申請しなければなりません。

続きを読む

公益財団法人から一般企業への転職について

公益財団法人から一般企業に、逆に、一般企業から公益財団法人に転職を検討している人もいるかもしれません。転職後に後悔をしないためにも、それぞれの特徴を理解して判断することが大切です。

続きを読む

不認定処分される割合

特例民法法人から公益財団法人などへの公益法人に移行認定の申請や、一般法人からの公益認定の申請は10000件以上あるとされており、要件をクリアしていれば、不認定処分にはなりません。

続きを読む

公益財団で進むクラウドファンディング活用

クラウドファンディングとは、群衆のCrowdと資金調達のFundingを組み合わせた造語です。公益財団法人がクラウドファンディングを活用するメリットは多くあります。

続きを読む

急増する公益財団法人

公益財団の設立が急増していると言われています。公益法人は全国に9300あり、そのうち公益財団は5211、社団、財団別にみると、内閣府において公益法人数の3分の2以上を占めています。

続きを読む

特定公益増進法人とは?公益財団法人との違い

特定公益増進法人は公益の増進に大きく寄与する特定の法人のことです。国や地方公共団体、公益財団などの公益法人に対する寄附を促進するために寄附者には税制上の優遇措置が講じられています。

続きを読む

公益財団法人で働くのは公務員?

公益財団法人で働いている人は、公務員ではなく団体職員といいます。公務員に似ている職業で、働く環境も似ています。公務員だけでなく団体職員も検討してみてもいいかもしれません。

続きを読む

公益財団における損金算入について

公益財団法人の損金算入は、国などへの寄附金と指定寄附金、それ以外の寄附金は一定限度額までが損金算入です。特定公益増進法人は、寄附金の合計金額、特別損金算入限度額の少ない方です。

続きを読む

公益財団における会費について

公益財団法人における会費の使用用途が定められていない場合はすべてが公益目的事業の収入となり、それ以外で使用割合を定めた場合はその割合だけ公益目的事業以外の収入とすることも可能です。

続きを読む

公益財団における特定寄附信託について

公益財団法人が特定寄附信託を利用することで、社会貢献活動を支援することができるといったメリットがあります。また、運用益が公益財団法人へ寄附となりますが、この運用益は非課税です。

続きを読む

公益財団におけるみなし事業年度とは

非営利型法人が行政庁の公益認定を受け、公益財団法人に該当することになった場合や、公益認定を取り消されて非営利型法人に該当することになった場合みなし事業年度が生じます。

続きを読む

公益財団における固定資産

公益財団法人の賃借対照表は理解に時間がかかると言われています。分類方法は企業会計と同じですが固定資産の考え方は違います。公益法人会計では資産の使途や保有目的によって、分類されます。

続きを読む

公益財団における流動資産

公益財団法人の賃借対照表には、3つの大きな特徴があります。そのひとつに資産の分類が特殊であることが挙げられます。流動資産と固定資産、正味財産のひもつき管理のために3区分となります。

続きを読む

公益財団における交際費について

公益財団法人は交際費を使っても問題はありませんが、注意しなければならないことがあります。資本金を持たない公益財団法人は、みなし資本金を算定して定額控除限度額を求めます。

続きを読む

公益財団におけるPST要件とは

PST要件は、パブリック・サポート・テスト要件の略で、NPO法人等の特定非営利活動法人や公益財団法人の活動が、広く市民からの支援を受けているかどうかを判断するための基準です。

続きを読む

公益財団における宗教団体

公益財団法人の制度改革が行われましたが、宗教団体の問題点が挙げられています。公益の増進に貢献してきた宗教団体ですが現行民法の規定と著しく整合性を欠いていると問題視されています。

続きを読む

公益財団における改革について

公益財団における制度の改革が行われました。改革が行われた理由は、民間非営利部門の活動の健全な発展と促進、様々な問題に対応するためです。また、登記のみで法人の設立ができます。

続きを読む

公益財団における消費税について

公益財団は収益事業のみ課税されるため、消費税も収益事業のみ課税されると考えてしまう人も少なくありませんが、すべての収入対象に課税売上と課税仕入等を抽出して消費税を計算します。

続きを読む

公益財団における罰則について

公益財団では、職務を怠ると罰則を受ける恐れがあります。一般法及び、公益財団の認定に関する法律で規定する罰則が適用され、主に3つの罰則があるのです。罰則について知っておきましょう。

続きを読む

公益財団の税務調査とは

公益財団も税務調査は実施されます。通常は事前通知がきますが、稀に告知なして税務調査がくる場合があります。源泉徴収に関わる事務、納付をしっかりと行っていれば問題ありません。

続きを読む

公益財団における善管注意義務とは

公益財団は、善管注意義務という義務があります。善良な管理者の注意を持って、自らの職務を行う義務を負わなければなりません。善管注意義務違反についても知っておきましょう。

続きを読む

公益財団における役員の忠実義務について

公益財団には様々な義務があります。その1つに、忠実義務があり、理事は法令、定款、社員総会の決議を遵守し、法人のため、忠実に職務を行う義務を負わなければなりません。

続きを読む

公益財団における理事会の設置は義務なのか

公益財団の役員の中でも、最も重要な役割を担うのが理事です。理事で構成される理事会は、設置する義務があります。一般財団や公益社団も理事会を設置しなければなりません。

続きを読む

公益財団における役員の定数について

公益財団には理事や監事、評議員など、様々な役員を置きます。それぞれには定数があり、理事は3人以上、監事は1人以上、評議員は3人以上です。法人によって定数が異なります。

続きを読む

公益財団で複数の代表理事を置くことは可能なのか

企業の社長は1名しか置けないというイメージがありますが、代表取締役は複数名置くことも可能です。公益財団の代表理事においても同じように、複数名置くことができます。

続きを読む

公益財団の収益事業に該当しない場合とは

公益、共益的な活動を行う公益財団法人もあるため、課税対象となる事業とならない事業が混在することがあります。法人税法施行令第5条2項に、収益事業に該当しない場合の規定があります。

続きを読む

公益財団における物品販売業

物品販売業は物品を販売し、その対価を得る事業です。例えば、卸売業や小売業が挙げられます。公益財団が行う物品販売業についての基本通達の内容を確認しておきましょう。

続きを読む

公益財団における不祥事の責任について

公益財団の設立前に、不祥事の事案と責任について知っておきましょう。公益財団の理事や監事などの役員は、事業や財産管理を適切に行う義務と責任があるという自覚を持つことが重要です。

続きを読む

公益財団における問題とは

これから公益財団を設立しようと検討している人もいるのではないでしょうか。設立をする前に、公益財団における問題について把握しておく必要があります。問題は主に3つあります。

続きを読む

公益財団における正味財産について

公益財団における正味財産は、貸借対照表の正味財産の部分において、指定正味財産と一般正味財産の2つに区分されます。また、新たに基金が導入されたため3つに区分されるのです。

続きを読む

公益財団における役員の資格とは

公益財団の役員には資格に制限があります。また、資格以外にも報酬の制限もあり、内閣府令で定めるところにより、不当に高額にならないように支給の基準を定めていなければなりません。

続きを読む

公益財団における税制度

公益財団法人と一般財団法人では税制度に違いがあります。非営利型の一般財団法人であれば法人税率が公益財団法人と変わりませんが、みなし寄附金制度が利用できないため、注意してください。

続きを読む

公益財団におけるに剰余金について

本来、公益財団の運営は事業活動から剰余金の発生は予定されていません。そのため、予算などでも収支均衡が求められ、剰余金処分という考え方はあり得ないことになります。

続きを読む

公益財団が収益事業をする際の注意点

公益財団は、公益目的事業が主な事業となりますが、収益事業も実施することが可能です。その際には、公益目的事業費率と事前に認定を受けなければならないという注意点があります。

続きを読む

出版事業を公益財団にできるのか

出版事業は税法上、収益事業に該当しますが、公益目的事業として認められることがあります。出版事業を公益財団法人が行う場合、どのような主旨と位置付けで行うのかがポイントです。

続きを読む

NPO法人が公益社団法人へ移行するには

NPO法人から公益財団へ移行すると様々なメリットがありますが、NPO法人で運営していた事業が公益目的事業として認められるのかが問題になります。事業内容が適切かどうか検討しましょう。

続きを読む

公益財団が義捐金を募集する際の注意点

被災地の支援を行いたい公益財団法人は多いですが、問題になるのが公益認定法上の規制です。義捐金を募集したあとは変更届出を提出するなど、適切な手続きを行いましょう。

続きを読む

公益財団における印紙税について

公益財団法人における印紙税は難しいものです。公益財団が作成し、地方公共団体が保管する契約書には収入印紙が必要になり、地方公共団体が作成し、公益財団が保管する契約書は必要ありません。

続きを読む

公益財団における不可欠特定財産とは

公益財団法人に関わる制度の一つに、不可欠特定財産があります。公益目的事業を行うために不可欠な特定の財産があるときには、維持や処分の制限に関して必要な事項を定款で定めます。

続きを読む

公益財団の印章管理規程とは

公益財団法人には印章管理規程があり、法人間の取引に使われる印章でとても重要なものになります。また、公益法人改革によって公益財団法人のコンプライアンスを徹底することが重要です。

続きを読む

公益財団における理事会議事録の注意点

公益財団は、理事会を開催することがあります。事業年度毎に年に数回開催することも少なくありません。その際は理事会議事録を作成しますが、記載内容に注意しなければなりません。

続きを読む

公益財団の会計に関する閲覧請求権について

公益財団法人は閲覧請求権というものがあり、法令上、作成し備えて置くべき書類に関しては社員や評議員から閲覧の請求があった場合、閲覧の拒否することはできません。常に閲覧できる状態です。

続きを読む

公益財団設立後の税務関係について

公益財団法人の設立を検討している人は、設立後の税務関係について知っておきましょう。収益事業を開始する公益財団法人は、設立後に各種届け出を納税地の税務署長に提出しなければなりません。

続きを読む

公益財団の設立による必要経費とは

公益財団法人の設立の前に必要経費について知っておきましょう。定款認証費用や登録免許税がかかります。また、専門家へ依頼する場合は、司法書士の報酬も必要になります。

続きを読む

公益財団運営の課題と方向性

公益財団における課題や方向性は、公益財団からみた場合と自治体からみた場合では、少し異なります。公益財団と設置自治体との協議、相互の連携によって解決できることがあるのです。

続きを読む

公益財団における労働保険の加入義務について

公益財団法人は、労働保険に加入しなければなりません。労働保険は従業員を守る保険制度です。加入義務があるため、小規模な公益財団であっても従業員を雇った場合は手続きしてください。

続きを読む

公益財団における社会保険の加入義務について

公益財団は株式会社と同様に法人であるため、厚生年金や健康保険などの社会保険に加入する義務があります。また、加入義務があるのは役員と従業員です。社員が理事であれば加入義務があります。

続きを読む

公益財団の相続税・贈与税の見直しについて

公益財団法人に関する税の見直しがありました。相続税施行令33条3条において4つの要件のうちいずれかを満たさない場合課税され、平成30年4月1日から見直された改正案が適用されます。

続きを読む

公益財団における遺贈について

近年、注目されている公益財団法人の資金源は贈与です。新しい資金源として遺贈が注目されています。その理由は、税制上の優遇が受けられるからです。遺贈は事前の準備が大切です。

続きを読む

公益財団における株式保有の制限

公益財団法人は、株式を保有するにあたって制限があります。営利法人等の事業を実質的に支配することによって、公益目的事業比率が50%以上という認定基準を免れないようにするためです。

続きを読む

公益財団に移行するメリットとは

公益財団法人に移行するメリットは、寄附金控除の優遇措置が充実していることが挙げられます。また、税制優遇措置の優遇や、社会的信用力など様々なメリットがあるのです。

続きを読む

公益財団における残余財産

公益財団法人の場合、清算時の残余財産は引き続き公益的な活動に使用されなければならず、法令で一定の要件を満たす公益的な活動を行う者を帰属先とするように定められています。

続きを読む

公益財団における特定費用準備資金

公益財団における特定費用準備資金と資産取得資金の違いがよくわからない人もいるでしょう。費用支出ではない点は共通していますが、本質的な違いは費用支出であるか、資本的支出であるかです。

続きを読む

公益財団と行政庁について

これまでの現行公益法人制度が廃止され、現在では新制度が採用されています。行政庁は公益財団の公益認定や移行法人の移行許可、公益財団と移行法人の監督を行う立場にあります。

続きを読む

公益財団における会計監査人とは

賃借対照表の負債部に計上した額の合計額が200億円以上の公益財団は、会計監査人を配置させる義務があります。会計監査人の選任は定款に配置させる旨を定めなければなりません。

続きを読む

公益財団における収益事業の範囲とは

公益財団の収益事業の範囲を考える場合には「政令で定める事業」と「継続して事業場を設けて営まれるもの」の2つがポイントになります。収益事業は34あるため、確認しましょう。

続きを読む

公益財団における不可欠特定財産

公益財団における不可欠特定財産は公益目的事業を行うために必要な特定の財産の処分を防止するためです。また、不可欠特定財産に係る定款の定めは、基本財産としての定めと兼ね備えています。

続きを読む

公益財団における公益目的事業財産とは

公益財団における公益目的事業財産とは、公益目的事業を継続するために保有する財産です。認定基準との関係と、公益目的保有財産以外の財産との関係に注意しなければなりません。

続きを読む

公益財団の事業報告について

公益財団における事業報告とは、公益財団の状況に関する重要な事項などを記載するものです。詳細な記載項目が定められているわけではありません。事業報告書の記載例を参考に作成しましょう。

続きを読む

公益財団における特定収入について

公益財団の特定収入は会費や寄附金、補助金など資産の譲渡の対価以外の収入の全て、または一部が課税仕入れに当てられる可能性があるもののことです。まずは特定収入割合を算出しましょう。

続きを読む

公益財団における控除対象財産とは

公益財団における遊休財産額は公益目的事業と制限せず、それ以外に必要な活動に使用できる財産のことを言います。計算方法は純資産から控除対象財産を差し引いた金額となるのです。

続きを読む

公益財団における基金の返還義務

公益財団には基金制度というものがあります。目的の事業を行う基礎的な資金です。また、公益財団は基金の拠出者に対して、返還義務を負います。専決事項であり、定時社員総会の決議が必要です。

続きを読む

公益財団における理事の解任について

理事の解任については、公益財団は評議員会の決議によって解任することができ、普通決議の要件で足りるとされています。理事会の決議によって理事を解任することはできません。

続きを読む

公益財団における理事の役割

公益財団では理事を3人選任する必要があります。任期は2年です。理事の役割は、善管注意義務の他に監事への報告義務、第三者に対する損害賠償責任義務、評議員会での説明義務です。

続きを読む

公益財団における評議員の選任方法とは

公益財団における新制度の評議員は、重要な立場にあります。選任方法を決める際は、当該法人と交互に密接な関係がある人ばかりが評議員に選任されることがないように工夫しなければなりません。

続きを読む

公益財団における監事に相応しい人とは

公益財団法人における重要な役割を果たすのは理事と監事です。中でも監事は理事の仕事や事業内容を監査する役割を担っており、専門的な知識や経験が求められる重要なポジションといえるのです。

続きを読む

公益財団の法人税率について

公益財団法人として認可されると、税率が優遇されます。事業を行っていく上で、税率が優遇されることによって一層事業内容を充実させるために資金をまわすことができるでしょう。

続きを読む

公益財団と認定されるまでの期間

公益財団として法人の事業内容が審査され、公益財団法人という認定がされるまでには少なくとも数ヶ月は掛かるでしょう。事業内容や審査状況により変わるため、特定することはできません。

続きを読む

公益財団の認定が取り消しされる事由とは

公益財団として運営をしていても、相応しくないと判断された場合には、公益財団の認定を取り消しされる恐れがあります。公益財団の認定を取り消しされる事由について知っておきましょう。

続きを読む

公益財団における棚卸資産について

公益財団法人の抱える在庫は棚卸資産として計上されることになります。法人の事業内容の中で何らかの在庫を抱えることは多く、棚卸資産を正確に把握しておくことで運営上も役立つでしょう。

続きを読む

公益財団として認定されやすい事業とは

公益財団として認定を受けるには、23種類の事業で、不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与するものであることです。社会に利益があり、受益の機会が一般に開かれていることが必要になります。

続きを読む

公益財団における事業比率が未達の場合

公益財団は、収支相償や遊休財産額、公益目的事業比率の3種類の財務基準をクリアしていることが義務付けられています。しかし、この基準をクリアできてない公益財団は多くいるのです。

続きを読む

公益財団における基本財産の意義

基本財産とは、公益財団の法人が与えられる基本となる財産のことです。主務官庁の認可なしでは処分を認められていませんでしたが、基本財産の取り扱いにおいて変更がありました。

続きを読む

公益財団における有価証券取引について

公益財団が有価証券を取引する場合には、事業内容とは別に保有する資産としてみなされます。一般には流動資産として扱われる有価証券ですが、公益財団の場合では基本財産として認められます。

続きを読む

公益財団における特定資産について

特定資産は特定の目的のために使途、保有、運用するものです。制約がある預金や金融商品、土地、建物といった様々な資産のことを特定資産と言います。事業内容全てに使えるわけではありません。

続きを読む

公益財団の貸借対照表とは

公益財団の事業における資産の価値を一定の基準の下に明らかにするために、貸借対照表というものが存在します。これによって、負債額と資産の差し引いた実際の資産の総額が判断できます。

続きを読む

公益財団における立入検査の対策について

公益財団は定期的に行政庁の立入検査を受ける必要があり、結果によっては認定が取り消しになってしまう恐れもあります。公益財団における立入検査の対策について知っておきましょう。

続きを読む

公益財団に求められる責任について

公益財団に求められる責任について知っておきましょう。公益財団法人制度では、公益財団の役割と責任が法定化されており、行政庁は問題のある公益財団に対して規制などで対応を行っています。

続きを読む

公益財団における定款変更は可能なのか

公益財団を運営していく上で、定款変更が全くできないというわけではないため、状況に応じて定款変更行うことは可能です。公益財団における定款変更は、その種類によって異なります。

続きを読む

公益財団における変更届

公益財団は変更がある場合、変更届を出す必要があります。軽微な変更であれば、変更届を提出になりますが、内容によっては変更認定申請が必要になるため、確認しましょう。

続きを読む

公益財団の役割について

公益財団は、公益法人認定法に基づき、認められた財団法人ですが、社会貢献という役割があります。公益財団としての役割を果していない場合は、公益法人三法によって運営が是正されます。

続きを読む

公益財団における公告義務とは

公益財団には公告義務というものがあり、定款に記載された方法で公告をしなければ定款違反となり、認定が取り消されてしまうため、注意が必要です。4つの公告方法を知っておきましょう。

続きを読む

公益財団における重要な使用人とは

公益財団の場合、事務局長や施設長という地位の責任者が存在し、これらの地位の職員が重要な使用人です。重要性の高い職務を行っているため、法律によって規定がされてます。

続きを読む

公益財団における社員総会の電子投票は有効か

電子投票を取り入れる際には、事前に承諾を得る必要があります。電子投票の種類や内容を示し、承諾を得ることができれば利用は可能です。法人法第39条第3項でも記載されています。

続きを読む

公益財団による兼任禁止の規定について

公益財団では法律上、監事と評議員には系列の財団や子法人であっても、理事や監事、評議員、使用人等をかねることができない役員就任の兼任禁止として、法律によって禁止されています。

続きを読む

公益財団に寄付した場合の譲渡所得の非課税について

個人が公益財団法人に財産を寄付した場合、所得税の優遇処置を受けることができます。優遇処置を受けるためには、承認申請書を税務署に提出して承認されなければなりません。

続きを読む

公益財団の立入検査で確認される基本的なポイント

公益財団の立入検査では、いくつかの項目があります。基本的な立入検査を知っておきましょう。適切な運営がされているのかをチェックするためポイントに沿って確認されます。

続きを読む

公益財団における収支相償の剰余金解消について

公益財団における収支相償とは、原則として各事業年度において収入が費用を超えてはならないことを指しています。剰余金が発生した場合、解消計画を示してその内容を説明しなければなりません。

続きを読む

公益財団における基金のあり方とは

公益財団など、一般社団法人が基金を得た場合の活動内容に関する使い道は、法律や制度で定められてはいません。しかし、拠出者が返還を要求した場合には、その要求に応じなければなりません。

続きを読む

公益財団による事業変更を伴う申請について

公益財団による活動内容に事業変更があると判断できる場合には、遅れることなく、速やかに行政庁に届出をする必要があります。申請が必要なのか、届出だけで良いのか見極める必要があります。

続きを読む

公益財団が準拠すべき法律とは

公益財団が準拠すべき法律は3つあり、法人法、認定法、整備法です。これらの法を運用する場合には、実際にどのようにして運営をしていくのか細かな規定が定められているのです。

続きを読む

公益財団における役員賞与の税法上の扱い方

公益財団や法人等、非営利法人の役員に賞与を出すことは可能です。しかし、賞与を出す場合には、一般企業とは異なるので、注意が必要になります。注意点を知っておきましょう。

続きを読む

非営利型法人と公益財団の税法上の違い

公益財団と一般財団とは、税法上の違いがあります。公益法人は税制上、公益財団法人、非営利型法人、非営利型法人以外の法人の3つに分けられています。違いを知っておきましょう。

続きを読む

公益財団でテレビ会議での理事会は認められるのか

公益財団でテレビ会議や電話会議で行った理事会の出席や決議は、認められています。定款や理事会運営規則にテレビ会議の開催は可能であるとの文言を入れておく必要があるのです。

続きを読む

公益財団設立による慣習で使っていた役職名を定款で使えるか

公益財団設立時には、それ以前に慣習として使っていた役職名や代表者名の名称を使うことは可能です。設立に伴う名称と定款で使用する名称が全く異なるものでは、第三者が混乱してしまいます。

続きを読む

遺言による公益財団を設立することはできるのか

遺言で公益財団の設立が記載されていた場合には、どのような手続きが必要でしょうか。相続財産を基にして、定款に記載すべき内容を遺言で定めることで、公益財団法人を設立できます。

続きを読む

公益財団によるみなし譲渡所得税に係る特例措置の簡素化について

公益法人等に対する現物寄附へのみなし譲渡所得税に係る特例措置に関して承認手続きが簡素化されることになりました。承認手続きの内容が簡単になり、スムーズに行うことができるのです。

続きを読む

公益財団の必要資料の規定とは

医師が設立した公益財団では行政庁に認めてもらうまでに税務的なものや会計的なものなどいろいろな資料を提出しますが、これで終わりではなく、定期的に審査があるので法令を順守しましょう。

続きを読む

公益財団による公益目的事業の概要について

公益財団法人として公益目的事業として認めてもらうためには公益性の概要が大切です。呈されるためにはいろいろと厳しい審査があるので顧問税理士を雇えばスムーズに運ぶでしょう。

続きを読む

公益財団での会報の出版による収入について

公益財団は会報を出版した場合、収益事業とみなされて収入を得れば法人税が課されます。しかし医師が関わるなど、一定の要件を満たせば収益事業とはみなされないので税金が課せられません。

続きを読む

公益財団の個人寄附金の税額控除について

医師が公益財団を設立後に個人寄付金を得れば税額控除対象となりますが、認定を受けた行政庁から証明の申請を受け取らねば控除とはなりません。申請を受けてから初めて控除となるのです。

続きを読む

公益財団での欠格事由に該当する役員とは

公益財団の役員に欠格事由に該当する者がある場合、認定の取り消しに至ります。実際に認定の取り消しになった法人がいますから、医師は人物の選定には気を配るべきなのです。

続きを読む

公益財団法人の財産目録のポイントとは

公益財団法人では、財産目録を作る義務があります。貸借対照表の金額が、科目ごとに一致しているか、公益目的保有財産がある場合、その記載が正しく記載されているかがポイントです。

続きを読む

公益財団法人の法人税について

公益財団法人では、公益目的事業を行った場合には非課税対象となります。しかし、収益事業を行い利益が出た場合には、法人税が課せられますから支払いをしなければなりません。

続きを読む

公益財団法人における収益事業について

公益財団では法律に規定する物品販売業、金銭貸付業、運送業、請負業など34業種の営利目的の収益事業を行うことができますが、利益が出た場合には、法人税が課せられます。

続きを読む

公益財団法人の公益性とは

公益財団は公益性が法律によって認められています。利益を受けたところに対して優遇処置をとるようなことになれば、公平ではないので利益供与などの受益機会は公開しなければなりません。

続きを読む

公益財団法人の事業制限とは

公益財団は公益目的事業しかできないと制限があるわけではありません。公益であっても社会的信用を汚したり、公益性の高い事業の邪魔にならなければ収益事業を行ってもかまいません。

続きを読む

公益社団法人と公益財団法人の違いとは

公益財団法人と公益社団法人には違いがあり、会費で運営をしているか財産を寄付してもらって運営をしているかです。両者とも収益事業ではなくで公益目的事業として行っています。

続きを読む

公益財団法人設立時の法人実印について

公益財団の設立時には法人実印である代表者印を準備しておきましょう。印鑑には規格があるので、それに則して作らなければ使えない印鑑になってしまいますから注意してください。

続きを読む

公益財団法人の給料相場について

公益財団法人の給料相場は、ほかの一般企業と同じように職種によって大きく異なりますが、待遇は悪いことはなく、ほかの業種に比べて比較的良い待遇となっている所が多いです。

続きを読む

公益財団法人に就職するメリットとデメリット

公益財団法人に就職をすれば医師として良いことばかりではなくデメリットもありますが、公益性の高い業務をすることができるので、社会に対する貢献度が高く感じられるでしょう。

続きを読む

公益財団の財産管理について

協会や法人が公益財団となると、公益性が求められるようになります。遵守すべき法律や基準があり、守らなければ業務改善勧告がなされ、改善がされないと公益認定取り消しとなります。

続きを読む

公益財団による変更認定申請とは

公益財団として認定されているときに公益目的事業を変更したい場合には、変更認定申請を提出しなければなりません。軽微な変更である場合には変更届出を提出するだけの手続きで構いません。

続きを読む

公益財団における立入検査とは

公益財団の立入検査では、財団を認定を取得したことで指摘事項など遵守しなければならないことをそこにいる医師などがきちんと守っているのかをチェックする目的があります。

続きを読む

公益財団における公益認定等委員会とは

公益法人制度の法律により公益認定等委員会は、団体が公益性があり公益財団として認めるか判断する活動を行なってます。医師として団体を設立する場合にも、認定を受けないとなりません。

続きを読む

公益財団が寄付金を集めるためにやること

公益財団が寄付金を集める方法としては、財団の活動内容や理念を知ってもらい、それに賛同してもらわないとなりません。その上で寄附方法を複数用意し、簡単にできるようにします。

続きを読む

公益財団の公益認定法による収益事業等の区分経理とは

公益財団法人は、公益認定法により区分経理を行なわないとなりません。収益事業と公益目的事業に分ける必要があり、収益事業の中にある、その他の事業と分けて経理を行なようにします。

続きを読む

公益財団の公益認定法による特別の利益の供与とは

公益財団の特別の利益の供与にあたる行為を行なってはならないと決められています。特別な利益に接触すると公益財団としての資格を失い、必要な法人税の優遇措置も受けられなくなります。

続きを読む

公益財団の公益認定法による定期提出書類とは

公益財団法人の公益認定法による定期提出書類は、毎年事業開始前と開始後に作成し行政庁に提出します。医師の方でも公益財団を設立すると提出は必須ですが、作成代行するサービスあります。

続きを読む

公益財団の公益認定法による欠格事由とは

欠格事由に該当すると、その法人は公益財団としての資格がないということになり、一般財団法人に戻ります。法律に反する、役員に不適切な人物がいるなどが、欠格事由にあたります。

続きを読む

公益財団の公益認定法による遊休財産額とは

公益財団法人の遊休財産額は、公益目的事業や必要な活動に使用されない額のことを言います。遊休財産額は1年間のの公益目的事業費用を越えないようにと定められています。

続きを読む

公益財団の公益認定法による業務改善勧告とは

協会や法人が公益財団となると、公益性が求められるようになります。遵守すべき法律や基準があり、守らなければ業務改善勧告がなされ、改善がされないと公益認定取り消しとなります。

続きを読む

公益財団の公益認定法による収支相償の適否とは

公益財団の収支相償は、収支は運営費用を超えてはならないという公益認定法での決まりです。しかし収支が剰余金となった場合は、財産として繰り入れる、次年度費用にするなどの措置は行えます。

続きを読む

公益財団の公益認定法による役員等の報酬等の支給の基準とは

公益財団の役員への報酬は、基準を決める必要があります。基準としては勤務形態に応じた報酬区分、報酬額の算出方法、支給方法、支給形態を役員報酬規定により決定します。

続きを読む

公益財団における監督とは

医療法人として医師が公益財団を設立すると、その監督は厚生労働省となります。監督はその団体が正しく運用されているかを見て、認可、提出書類審査、改善や業務停止命令などを行ないます。

続きを読む

公益財団における理事会に役割とは

公益財団法人における理事会の役割は、業務執行責任者となり、業務が正しく実施されるか監督します。監督するのみならず、理事会は、法令や定款、総会決議を遵守する責任も発生します。

続きを読む

公益財団における財団債権とは

公益財団の財団債権は配当に比例せず弁済を受けられる債権のことであり、債権を有しているものが債権者になります。医療法人の場合でも同じですが、財産がないと弁済は受けられません。

続きを読む

公益社団法人の情報公開の必要性について

公益財団の医療法人でも、財務や会員ついては情報公開の必要があります。それは医師などの関係者の他に、一般の方から公開請求があることもあり、公開規定を設けておく情報の氾濫を防げます。

続きを読む

公益社団法人の計画・予算について

公益財団法人の計画・予算では、事業計画書、収支予算書、資金調達や設備投資の見込み書作成し、目的を明確にします。予算に関する書類も作成し、寄附税制を使うと税金の控除を受けられます。

続きを読む

公益財団法人とNPO法人の税制上の優遇措置の違いとは

公益財団法人もNPO法人もみなし寄付という税制の優遇措置があります。さらに公益財団法人であれば法人剤非課税などもあり、医師として法人設立してもメリットは多いです。

続きを読む

公益財団法人と一般財団法人の税金の違いとは

公益財団法人であれば税金の優遇が受けられ、医師として法人を設立してもメリットです。一般財団法人であると非営利であれば公益財団と違いなく税金の優遇が受けられます。

続きを読む

公益財団における評議員の役割

公益財団法人を設立してそれを維持し続けるために絶対に欠かせないのが評議員です。評議員の役割は複数ありますが、理事の監視業務や評議員会による合議なども重要でしょう。

続きを読む

公益財団における監事の役割

公益財団法人に不可欠な役職の中に監事もあります。監事は問題なく業務が行われているかを監視することになるので、人間性もチェックしたうえで任命することが大切でしょう。

続きを読む

公益財団における会計基準について

公益財団法人が厳守すべき会計基準には、正味財産にかかわるものもたくさんあります。これによりどれだけの利益が出ているのかを判断できます。会計基準に関する原則も把握しておくべきです。

続きを読む

公益財団の事業が黒字の場合

公益財団法人が黒字決算になる場合、収益事業と公益事業のバランスをうまくとるべきでしょう。闇雲に対策すると誤った方法を採用することもあるので、最適な方法で決算金額の調整をすべきです。

続きを読む

公益財団に赤字決算が続いてしまった場合

公益財団法人が赤字決算を続けてしまうと事業継続ができなくなり、つぶれてしまいます。それを阻止するためにも収益事業をうまく活用して適切な利益を挙げ、補てんすべきです。

続きを読む

公益財団における事業の判断基準

公益財団法人における事業種別には、公益性のある事業と収益事業があります。公益事業は必要不可欠ですが、場合によっては収益事業も行えます。どちらを選ぶかの判断基準も大切でしょう。

続きを読む

公益財団におけるコンプライアンス規定とは

公益財団法人が作成しているコンプライアンス規定は、各法人によって内容は様々です。コンプライアンス順守のための取り組み内容が網羅されており、報告ルートの明示もなされています。

続きを読む

公益財団における役員の規定

公益財団法人は一般的な法人とは異なって、なかなかなることができません。役員に関する規定もいろいろ設けられていて、役員の割合制限や人数規定なども設定されています。

続きを読む

公益財団の代表になるための資格とは

公益財団法人の代表でもある理事長の役職に就くためには、理事にならなくてはいけません。しかしその資格がいくつか設けられており、法人や成年被後見人の個人などは欠格事由となります。

続きを読む

公益財団に必要な人数とは

公益財団法人の設立を目指すならば、理事や監事、評議員が必要で、それぞれ最低3人、1人、3人必要になります。そして理事会を設置することになり、クリーンな運営が求められます。

続きを読む

公益財団へ移行するための審査について

公益財団法人に移行するに当たっては様々なチェックポイントが設けられています。一般財団法人とは様々な面で異なるため、行政機関における審査は非常に厄介な存在でしょう。

続きを読む

公益財団の認定が取り消された場合

公益財団法人として活動していても、強制的取り消しや任意的取り消し、欠格事由に当てはまることによる取り消しを受けることがあります。その場合公益目的取得財産残額を贈与します。

続きを読む

公益財団が収益事業を行って良いのか

公益財団法人の中には収益事業も行っているところがあります。もちろんルール違反ではありませんが、事前に公益事業だけではなく収益事業を行う旨も伝えて認可される必要があります。

続きを読む

公益財団が税制上優遇される理由

公益財団法人は税制上の優遇制度があります。法人税(公益目的事業)や一部の源泉所得税にも優遇が設けられています。理由は重要分野のサービスを公益的に提供するためです。

続きを読む

公益財団が非課税になる理由について

公益財団法人に認定されることで多くのメリットが得られますが一部の税金が非課税になるというものもあります。非課税になる理由は会計形態の違い、公益目的での事業だからなどが挙げられます。

続きを読む

公益財団を設立する前のポイント

公益財団法人の設立をするためには事前にいくつかのポイントを押さえることが重要です。公益認定基準をクリアしているかの確認も基本的なポイントですし、その他にも重要な点は多くあります。

続きを読む

公益財団の設立までの流れについて

公益財団法人になることで得られるメリットはとても大きいですが、定められている事業内容でないと申請できません。また設立の流れも難しい部分があるため専門家に任せたいです。

続きを読む

公益財団の資産運用

公益財団法人の活動資金の多くは、寄付金など善意で搬出した基金に基づいており、これを最大限に生かした資産運用を行なわなければ、長期的な経済変動に耐えることができない恐れがあります。

続きを読む

公益財団で働くメリット

公益財団法人で働くメリットは、ワークライフバランスを重視しており、比較的働きやすいことです。公益を目的としていることが多いため、数字のプレッシャーがありません。

続きを読む

公益財団の新たな公益法人制度とは

公益法人改革三法が施行され公益法人制度が新しいものになり、一般社団法人と一般財団法人、公益社団法人と公益財団法人という新しい法人形態が創設され、それぞれ特徴があります。

続きを読む

公益財団の前の特例民法法人とは

公益信託は個人や法人の資金を公益活動に活用するといった点は公益財団と同様の社会的機能を果たしていますが、公益信託と公益財団は違いがあり、主に2つの違いがあると言われています。

続きを読む

公益財団と公益信託の違い

公益信託は個人や法人の資金を公益活動に活用するといった点は公益財団と同様の社会的機能を果たしていますが、公益信託と公益財団は違いがあり、主に2つの違いがあると言われています。

続きを読む

公益財団の環境保全

公益財団法人を立ち上げる際は、公益法人として認定されるために認定法別表各号に定められている23事業の公益目的事業として認められる必要があります。公益目的事業であることは大前提です

続きを読む

公益財団認定される23事業

公益財団法人を立ち上げる際は、公益法人として認定されるために認定法別表各号に定められている23事業の公益目的事業として認められる必要があります。公益目的事業であることは大前提です。

続きを読む

公益財団法人の解散

公益財団を解散する際は手続きをしなければなりません。公益財団が目的とする社会的活動を継続できなくなれば、その活動を停止し、法律関係と残余財産を清算する必要があります。

続きを読む

公益財団とNPO法人の違い

公益財団法人とNPO法人には違いがあります。それは自由度です。NPO法人は様々なことが制限されていますが、公益財団法人は自由度が高いです。しかし、税制面では優遇されません。

続きを読む

公益財団の税額控除について

所得控除に加えて、税額控除のどちらか有利な方式を選択することが可能ですが、選択するためには、NPO法人もしくは公益財団法人、公益社団法人へ寄付する必要があります。

続きを読む

公益財団のみなし寄付金とは

みなし寄付金制度は公益財団法人や公益社団法人において、収益事業で出た黒字分を非収益事業にあてたり、他の団体や活動、個人に寄付金として支出したりしても良いという制度です。

続きを読む

公益財団法人の寄付金優遇税制とは

公益財団に個人からでも法人からでも寄付金を行えば、優遇税制措置が取られます。所得税や法人税などの税金が控除されるので寄付をした側もされた側も大きなメリットを感じます。

続きを読む

公益財団法人に認定される公益目的事業とは

公益財団が公益法人として認められるためには、利益を最優先していないことをアピールしなければなりません。復興支援などの事業を主とするものであれば公益性が認められるでしょう。

続きを読む

公益財団を目指す場合の注意点

公益財団を目指す場合、まずは一般財団を設立しますが、公益性を前面に出したものを作って将来の財団へのステップにしていきましょう。機関設計でも注意点や規定があります。

続きを読む

公益財団法人の税金について

公益財団は原則として法人税などの税金を支払いますが、公益性のある事業の場合には利益が出ても非課税対象となり、みなし寄付金も場合によっては全額課税の対象外となる場合があるのです。

続きを読む

一般財団法人と公益財団法人の違い

公益財団は公益性がある必要がありますが、一般財団は非営利性がなくても設立することができ、ある程度の財産があればだれでも設立可能です。両者は財団であっても大きな違いがあるのです。

続きを読む

公益財団認定基準の遊休財産額保有制限とは

公益財団認定基準の遊休財産額保有制限とは公益目的事業費相当額のうち使途の定まっていない財産のことで、1年分の公益目的事業費の相当額を超えて資産を保有してはいけない決まりがあります。

続きを読む

公益財団認定基準の公益目的事業比率とは

公益財団の公益目的事業比率は公益目的事業の費用が事業費・管理費の合計額の50%以上でなければならないという判定の認定基準があります。みなし費用を入れることは認められています。

続きを読む

公益財団認定基準の収支相償とは

公益財団は公益目的事業を行っている法人であるので、収入を増やして黒字になってはいけないという基本的な考え方があります。収支相償によって赤字になっていつかが判定されます。

続きを読む

公益財団法人のデメリットとは

公益財団にはデメリットもあります。公益認定を受けた後も行政庁からの監督などが継続的にありますし、運営に関して色々な制約もありますから何でも自由にはならないのです。

続きを読む

公益財団法人のメリットとは

公益財団を設置することができれば、社会的信用度を手に入れるメリットがあります。さらに、個人でも法人でも寄付金を行う際に税制上の優遇処置がありますから、資金集めに有利です。

続きを読む

公益財団法人とは

一般財団法人を設立した後に厳しい審査をクリアして公益性を認められると公益財団を設立することができます。この財団を手に入れることで人々の信頼度は上昇するでしょう。」

続きを読む

治療院における最良のマーケティングは患者教育

個人で経営している小さな治療院にも受付が必要な理由があります。それは患者の治療時に予約に対応できないからです。ですので、利益につながるためにも受付の力が必要です。

続きを読む

一人治療院は受付を雇おう

個人で経営している小さな治療院にも受付が必要な理由があります。それは患者の治療時に予約に対応できないからです。ですので、利益につながるためにも受付の力が必要です。

続きを読む

クリニックを開業する際に注意したい松竹梅論

松竹梅論とは人間は極端の回避性ゆえ3つのうちの真ん中の選択肢を選ぶことです。ですが、開業医はその患者に合った極上のプランを用意すべきですのでこの理論は使えず、注意が必要です。

続きを読む

開業したら新規患者に気を付けよう

開業したら新規患者ばかりを狙うのではなく、既存の患者のリピート率を上げることも必要です。宣伝については地域に認知してもらうため、ビジネスプランを立て計画的に行います。

続きを読む

治療院のリピート率は開業前に決まっている!?

治療院成功の秘訣は、高い医療技術や経験ではなく、患者さんのリピート率を上げることです。継続して通うためには、その必要性を具体的に伝え理解してもらうことが大切です。

続きを読む

開業医の年収は患者数が5人増えるだけで変わる

開業医の年収は患者数によって大きく変わり、5人増えるだけで1日当たりの利益は2万円以上増えます。経営戦略をしっかりすることで、自分の年収をアップさせることができます。

続きを読む

開業医で成功するかしないかの分かれ道

開業医は比較的給与の高いことで知られていますが、成功するためには相手のニーズをつかむことや確固とした経営戦略が必要です。そして患者さんや看護師などとのコミュニケーションも大事です。

続きを読む

女性医師が開業するススメ

女性医師が開業に向いているのは、女性らしい配慮があることや、同性だからこそ患者に信頼されるからです。女性医師専門のポータルサイトなどで情報を集めるとよいでしょう。

続きを読む

地域貢献のために地方で開業したい

地域貢献のために地方に医療機関を開業することは社会問題解決にも有効です。まずは専門の人材サービスで地域の求人を見つけ働いて開業のための費用を貯めるのも一つの方法です。

続きを読む

開業医のビジネスモデルは主に2つ!

開業医が成功する経営戦略、ビジネスモデルは2つあり、地域密着の親しみやすい医院を目指すか、高度な医療を受けられ、ネット上で見つけられる医院になるという成功例があります。

続きを読む

クリニック開業する際の内装費などはどのくらいかかる?

クリニックの開業には内装工事などの費用が掛かります。いくつかの会社から見積もりを取って費用や工事期間など比較してから慎重に選ぶようにしましょう。坪単価40万円程度が基準です。

続きを読む

損益分岐点を越えるのに必要なこと、短期間で到達する方法

開業医として成功したいのであれば、短期間で損益分岐点に到達できるようにしなければいけません。ではどのような方法を実践していけば良いのか紹介するので参考にしてみましょう。

続きを読む

開業医としての人生設計と借金返済

開業医になるとなると、自分の病院を持つことで借金返済を行わなければいけないこともあります。だからこそ、具体的な人生設計をして計画的に物事をすすめていくことをおすすめします。

続きを読む

開業医に合う人、合わない人

開業医は経営者になることによって年収アップも可能ですが、患者とのコミュニケーションも求められ、経営に合う合わないがあるので、開業を考えているならば自分に合うのか確認してみましょう。

続きを読む

赤字経営にならない開業医と対策

開業医として経営を初めても、中には赤字経営になってしまう病院も存在します。そうならないためには、どのような対策を採っていくべきなのかご紹介します。しっかり病院の経営をしましょう。

続きを読む

開業することのメリット、勤務医との違いとは何か

勤務医と開業医では大きな違いがあります。それが、給与と収入です。また診察のスタイルも異なってくるでしょう。それらの違いを理解して、自分はどちらで仕事していきたいか決めましょう。

続きを読む

自宅開業医のメリットとは

自宅で開業をする場合、他の病院との差別化を図れるという強みがありますし、患者とのコミュニケーションがしっかりと取れます。開業医になりたい人はその選択肢も頭に入れておきましょう。

続きを読む

医局をでるタイミング、施設が一番求める人材とは

医局に入っている医師が開業する場合タイミングが大事です。認定医になり、人に求められる人材になってから辞めるのが理想的です。理想的なタイミングを理解して開業しましょう。

続きを読む

返済の必要がない助成金を活用し、開業初期を乗り切りましょう

自分の病院を開業するとなると、多額の資金が必要になってくるため最初は経営に不安を感じることもあるでしょう。そんな時には助成金や補助金があるのでうまく活用していきましょう。

続きを読む

治療院として成功するための戦略

治療家として開業を進めていくのであれば、ある程度戦略を練って物事を進めなければいけません。成功するために気を付けるべき点と治療院にかかる資金に関してのことも紹介します。

続きを読む

開業場所が経営にどれほど重要か

医院を開業するということは、自分で病院を経営していくということになります。そのため、開業する場所が非常に重要です。そのような点に気を付けて選べばいいのか紹介します。

続きを読む

開業医に必要な知識とモチベーション

病院を辞めて、自分の医院を開業するという医師も少なくありません。医院を開業していくにはモチベーションと知識が必要になります。それらのことをしっかりと理解して進めていきましょう。

続きを読む

糖尿病内科の開業資金とポイント

糖尿病内科を開業する場合、資金には限りがありますから、必要なものの優先順位をつけておきましょう。またアドバイザーがいて準備段階から支援してもらえればスムーズに事が進みます。

続きを読む

病院を開業するに当たっての立地について

病院を開業するときには一つの地域に決めるのではなく複数の候補地を比較して検討していきましょう。物件を細かくチェックし、本当に医療機関設置に向いている立地であるかを確認しましょう。

続きを読む

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

甲状腺専門の病院を開業する場合、借り入れだけで済ませるのではなく、ある程度の資金を準備することが必要です。利益アップには専門性をアピールすることがポイントです。

続きを読む

病院のロゴや病院名について

病院を開業後に名前の知名度を上げ認知度をアップさせるためにもロゴマークを利用しましょう。マークにメッセージを込めれば医院の基本的な考え方や方向性を示すこともできます。

続きを読む

病院開業前の看板の設置場所について

病院を開業する前には看板を設置して認知度を高めましょう。人目に付きやすい場所に置くことで周囲の人に知ってもらえます。名前をしっかりと大きく書いたものが最適です。

続きを読む

麻酔科の開業資金とポイント

麻酔科開業には、もちろん資金も必要です。独立している人が少ないので経営が軌道に乗りやすいでしょう。またほかの病院との提携を行い仕事を増やすために医療知識や経験が必要になってきます。

続きを読む

小児歯科の開業資金とポイント

小児歯科を開業する場合、子どもが多くいるエリアの物件を選択肢の中心として考えましょう。医療器具だけではなく外装や内装、キッズスペースなどにも資金も必要になってきます。

続きを読む

口腔外科の開業資金とポイント

口腔外科を開業するときには高い医療器具が必要ですから資金が多くかかります。少しでもコストを下げる工夫も必要ですが、病院の場所にはこだわりましょう。立地の悪いところには人は来ません。

続きを読む

開業時の人材教育について

医師一人では業務を行えませんから病院を開業する前にはスタッフの採用が必要です。応募をしてから少なくとも6週間程度は掛かってしまいますから早めに人材確保をして人材教育をしましょう。

続きを読む

矯正歯科の開業資金とポイント

矯正歯科を開業する場合、矯正で使用する器具がいりますから資金が多く必要になってきます。経営が軌道に乗るまでの費用もポイントになってきますから準備をしておきましょう。

続きを読む

肛門科の開業資金とポイント

肛門科を開業する場合、ほかの診療科に比べて資金が少なくてすみます。しかし病院を新しく開いたからと言って患者さんが押し寄せることはなく、ほかの病院との差別化など注意が必要です。

続きを読む

病院開業前の資金調達について

病院を開業するときには非常に多くの資金調達が必要になってきます。すべて自己資金だけで賄いきれるものではありません。足りない分は融資を受ける手段を選択することになります。

続きを読む

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する場合はいろいろ注意すべき点があります。多くの手続きがあるのでミスしないことが大切です。さらに、診療日の空白を作らないようにしておくことも必要です。

続きを読む

分院を開業する際の注意ポイント

病院を開業して経営が軌道に乗ってくると医師としてステップアップするために、そろそろ分院を出したいと思うでしょう。一番良いタイミングは機能を分別化したいと思った時がポイントです。

続きを読む

開業時の医療機器の選定と調達について

病院を開業する前には医療機器を選定しなければなりません。購入することだけでは費用がかなりかかってしまうのでリースで調達する方法も選択肢の一つとして考えるといいでしょう。

続きを読む

開業後の集患対策について

開業後の病院は詳細な情報を多くの人に伝えることが出来れば集患対策につながります。多くの患者さんが来れば経営も良くなります。情報を広めるためにはHPは必要不可欠です。

続きを読む

開業時のスタッフ募集に関して

病院を開業する前にはスタッフ募集の求人を行います。優秀な人を採用することが出来るように選考には細心の注意を払いましょう。優秀なスタッフの獲得が出来れば経営も軌道に乗りやすいです。

続きを読む

病院開業のための不動産契約の注意点

病院開業のために不動産契約を行う場合、しっかりと内容が間違っていないかを注意してから契約を結びましょう。あいまいなままに契約をしてしまうとトラブルが発生してしまいます。

続きを読む

開業前の行政への届出について

病院を開業するときには、行政にいろいろな書類の申請を行う必要があります。届出が遅れてしまうと医院の運営に暗雲が生じる可能性もあるので、忘れずに早めに行いましょう。

続きを読む

開業後の病診連携について

病院を開業したら、ほかの医療機関との協力が重要になってきます。患者さんに対して自分の医院で不十分な治療しかできない場合、病診連携によって最適な医療を提供することが出来ます。

続きを読む

病院開業前の広告宣伝について

病院を開業する前には紙上媒体を使って広告宣伝をするでしょうが、紙上の場合には記載事項にいろいろと制限があります。ホームページの場合には、制限はそれ程厳しくはありません。

続きを読む

病院開業前の内装設計について

病院開業を目指して内装設計を行うときには患者さんのことばかり考えるのではなくスタッフや医師が働きやすい空間に仕上げましょう。費用の負担を抑えるためにも工事見積もりを出しましょう。

続きを読む

リウマチ科の開業資金とポイント

リウマチ科は専門的な知識と技術が必要であるため、需要が多く開業するメリットも多いでしょう。成功させるためには場所の選択や費用を綿密に検討し準備することが必要です。

続きを読む

人工透析科の開業資金とポイント

人工透析科を開業するにはエリアマーケティングが重要です。さらに開業には機械類やベッド代など高額な費用がかかるため、運転資金なども合わせ綿密な開業資金計画が必要となります。

続きを読む

ペインクリニックの開業資金とポイント

痛みの緩和をしてくれるペインクリニックを開業するには、患者さんに診療内容を理解してもらうことが重要です。需要がない場合には知り合いに紹介してもらうなどの方法があいます。

続きを読む

胃腸科の開業資金とポイント

胃腸科の開業には、医療器具を整えておくことが必要です。また、近隣の病院と連携診療し、大きな手術やクリニックではできない疾患もカバーできる体制を作っておくことが重要です。

続きを読む

呼吸器科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業は子どもが多く来院してくれることが鍵です。そのためには、クリニックが家や駅から近い距離にあることが大切です。車を停める場所も確保しておく必要があります。

続きを読む

精神科の開業資金とポイント

精神科の開業は難しくないと言われていますが、安定した経営をするには対策が必要です。立地に関する検討や、精神疾患を患っている患者さんが安心できるクリニック作りをしましょう。

続きを読む

放射線科の開業資金とポイント

放射線科の開業は内科と標榜することが多いです。独立する前には、放射線の治療は難しく、臨床経験も必要です。資金を用意するためにも実績を積んでおくようにしましょう。

続きを読む

性病科の開業資金とポイント

歯科医院を開業する際には、費用のほか、地域性を確認することが大事です。歯科医院の経営を成功させるには、雰囲気のいい内装などにして、大人も子どもも入りやすい医院を目指しましょう。

続きを読む

歯科医院開業の開業資金とポイント

歯科医院を開業する際には、費用のほか、地域性を確認することが大事です。歯科医院の経営を成功させるには、雰囲気のいい内装などにして、大人も子どもも入りやすい医院を目指しましょう。

続きを読む

循環器科の開業資金とポイント

循環器科は分かりにくいのがデメリット。クリニックを開業する際には、診療内容を理解してもらうことが大切です。また資金の検討のほか、競合となる内科のない場所を選びましょう。

続きを読む

泌尿器科の開業資金とポイント

泌尿器科クリニックは数が少ないので患者さんにとって開業されればうれしいものです。しかし信頼を得られるまでは厳しいので、開業資金はできるだけおさえる必要があります。

続きを読む

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

開業医は、施設を0から準備しなくてはなりません。そのため工事費用としては、2,000万円ほどかかると考えておくべきです。資金を用意し内装や設備を整えて、快適な病院を演出しましょう。

続きを読む

医師がMS法人を設立するメリット

個人開業医には所得税が適用されます。ですが医療法人は、税務上法人税の分類になるため、いくつかの違いが生じます。法人化における注意点をまとめたので、ご参考ください。

続きを読む

医療法人化による節税のポイント

個人開業医から医療法人になる大きなメリットは、節税にあります。ですが、法人化することで新たに気にしておくべき税金も増えます。所得税などを抑える上で注意すべきポイントをご紹介します。

続きを読む

医療法人と個人開業の税務上の違い

個人開業医には所得税が適用されます。ですが医療法人は、税務上法人税の分類になるため、いくつかの違いが生じます。法人化における注意点をまとめたので、ご参考ください。

続きを読む

高齢化で増加している病院の継承開業

少子高齢化に伴い、医師が60歳以上であるケースも増えてきています。それと同時に、病院で家族への継承開業が重要視されてきています。注意点に気をつけつつ計画してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

歯科医院開業の資金調達

歯科医院の開業資金は、5,500万円ほど必要と考えておいてください。主には、施設費や内装、機材、そしてマーケティング、経営資金などです。余裕ある金額を用意することが大切です。

続きを読む

内科病院の開業資金とポイント

内科病院の開業資金は5,000~6,500万円以上といわれています。土地や物件代、患者の治療に必要な機材のそれぞれが含まれています。賃貸物件であれば前者を抑えることも可能です。

続きを読む

開業医が医療法人化するメリット

開業医であれば、中心的な医師である自分主体の医療が提供できます。医療法人化すると、法人主体となりますが、所得税をはじめとした金銭面などにおいてメリットが期待できます。

続きを読む

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

開業医として働く医師は高額年収に期待できることで知られています。診療科目別のランキングでは、平均年収約3,270万円の眼科を筆頭に患者単価が高い科目が上位に名を連ねています。

続きを読む

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

財団医療法人とはお金が集うタイプの法人です。無償で募られた寄付で当初の運営資金はじめすべてをまかなうメリットがあります。ですが近年の医師に関して新規設立するケースは少ないそうです。

続きを読む

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

社団医療法人は現在個人で事業をおこなう医師にとってさらなる可能性やメリットが見出せる形態です。財団医療法人より事業の成長や子孫への引継ぎに適しており、上昇志向がある人向きです。

続きを読む

個人病院と医療法人の違い

個人開業の医師から医療法人になると、さまざまな面に違いが生じます。メリットも増える反面、やるべきことも増えます。特に重要なポイントをまとめたので、参考にしてみてください。

続きを読む

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

現実的に医師として開業ができる最少年齢は30歳前後です。しかし、開業するためには医師としての知識以外も問われるため、研修終了後も10年程度は研鑽を積む人が多いようです。

続きを読む

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医師が開業や医療法人設立の特徴や手順を勉強することは、医師間のコミュニケーションを広げ、心情を理解する手助けになります。医師が開業する際は経営面でのリスクを負う覚悟も求められます。

続きを読む

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

開業をする上で大事なのは物件選びです。どれだけ優秀な医師でも立地が悪ければ失敗することもあるので、開業場所は重要なポイントとなります。物件選びは専門家に相談して決めましょう。

続きを読む

産婦人科病院の開業資金とポイント

産婦人科病院を独立開業する場合は資金を準備してからになりますが、医療機器や土地代を購入する場合、多くのお金が必要になってきますから事業計画書を作成することが必要になってきます。

続きを読む

整形外科病院の開業資金とポイント

産婦人科病院を独立開業する場合は資金を準備してからになりますが、医療機器や土地代を購入する場合、多くのお金が必要になってきますから事業計画書を作成することが必要になってきます。

続きを読む

眼科病院の開業資金とポイント

眼科を独立開業するためには専門の分野で勝負をしていきましょう。何でもかんでもそろえる必要はありません。診療や治療に必要な医療機器を準備して資金を確保しましょう。

続きを読む

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科を独立開業する場合、建物のほかに医療機器購入の資金準備が必要です。患者さんのターゲットを絞って何の治療を行うのか、専門分野も絞って診療を行うと成功しやすいです。

続きを読む

皮膚科病院の開業資金とポイント

皮膚科を独立開業準備するときには診療や治療内容にほかの皮膚科とは違う特色を持たせましょう。特色を出した診療や治療を実施し医療機器も必要な機器購入に資金を当てましょう。

続きを読む

小児科病院の開業資金とポイント

小児科を独立開業する場合、資金準備は4000万円以上あると安心できるでしょう。土地建物や医療機器、子供のための待合室などを作るとある程度費用がかさんでしまいます。

続きを読む

心療内科病院の開業資金とポイント

心療内科は独立開業する場合、それほど多くの資金を準備する必要はありません。医療機器もほかの診療科と比べると必要ないので、1500万円程度あればいいという場合もあるのです。

続きを読む

形成外科病院の開業資金とポイント

形成外科を独立開業準備をする場合、医療機器が多く必要になります。必要なものすべてを購入していると経営難に陥ってしまいます。必要なものに資金を使っていきましょう。

続きを読む

美容外科の開業資金とポイント

美容外科を独立開業する場合には、多くの患者さんの需要を求めるのであれば郊外よりも都市部を目指しましょう。内装にもこだわりを見せる必要があるので資金準備は多く必要になってきます。

続きを読む

消化器内科の開業資金とポイント

美容外科を独立開業する場合には、多くの患者さんの需要を求めるのであれば郊外よりも都市部を目指しましょう。内装にもこだわりを見せる必要があるので資金準備は多く必要になってきます。

続きを読む

脳神経外科の開業資金とポイント

脳神経外科は地方に行くと独立開業をしている人がほとんどいない地域もありますから競争率は低いです。医療機器にかなり高い費用が掛かるので、多くの準備資金が必要になってきます。

続きを読む